中古ドメインカッター3改OSE

〜 高ページランク、DMOZや日米ヤフカテ登録などの良質な中古ドメインが見つかる 〜



ページランク5や6の中古ドメイン、DMOZや日米ヤフカテなどに登録されている中古ドメインって、見たことがありますか?

もちろん、販売されている中古ドメインではなく、翌日に取得が可能になる期限切れドメインです。

そんな超良質な中古ドメインがあるなら、その探し方を知りたいとは思いませんか?



中古ドメインカッター3改OSEには、ページランクのチェックができないバージョンとページランクのチェックができるバージョンが含まれています。



中古ドメインカッター3改OSEには、ドメインカッター、ドメインカッターW、被リンクカッター、被リンクカッターW、カテゴリカッター、DMOZカッター、ヤフカテカッター、米ヤフカテカッター、PRカッターの9つのプログラムと、Yahoo! JAPAN(Google)でインデックス数を抜き出すindex cutterというプログラムが含まれています。



基本的に、ドメインカッターWが元になっていますので、ドメインカッターWの機能だけ説明しておきますね。

使い方は簡単です。テキストエリア内にマニュアルで紹介しているサイトからコピーしてきた期限切れドメインのデータをそのまま貼り付けて、「domain cutter」のボタンをクリックするだけです。



すると、処理が始まり、wwwありでのOSEでの被リンク数、 wwwなしでのOSEでの被リンク数、日ヤフカテの登録の有無、 DMOZ登録の簡易チェック、DMOZに登録されている可能性のあるときは、Googleディレクトリのアーカイブ&キャッシュ&直リンク、 米ヤフカテの簡易チェック、ページランクの値が表示されます。

また同時に、日ヤフーブックマーク、ページランクの偽装チェック、Wayback Machineでの過去データ、 Wayback Machineベータ版での過去データ、Whoisでのドメイン情報、USドルでドメインを評価するvaluethewebsite、 ドメインへの直接リンクのハイパーリンクが表示されます。



※DMOZ、米ヤフカテは簡易チェックですので、登録されていないドメインでも、 YES?と出てしまうことがあります。なので、必ず、ハイパーリンクをクリックして、本当に登録されているかご確認下さい。 海外ヤフカテの場合は、yahoo dirでNOと出ていても、Whoisを確認すると、登録されていることがあります。

ドメインの下に表示されるwww added、www none、yahoo cate、dmozなどのハイパーリンクをクリックすると、別ウィンドウで結果が表示されるのですごく便利になっています。

この中古ドメインカッター3改OSEは、これまでのバージョンと違い、OSEの無料APIを利用しますので、phpを書き換えて頂く必要があります。



少しだけ面倒ですが、最初だけなので、マニュアルに沿って書き換えを行って下さい。



あとは、PHPが利用できるレンタルサーバーにFFFTPなどのFTPクライアントソフトを使って転送するだけです。




動作環境:PHP5が使えるレンタルサーバー
(チェックしたサーバーのPHPバージョンが全て5だったので、
PHP4で動作するかどうかの確認は取れていません)


【推奨レンタルサーバー】
ロケットサーバー(rocketnet.jp)

他のレンタルサーバーでも正常に動作するところがありますが、今回、前バージョンからプログラムを結構変更していますので、 中古ドメインカッター3改OSEが正常に動作しても、BL-PR-Cutter-OSEが正常に動作しなかったりするサーバーがありますので、 一応、全部のソフトウェアが正常に動作したロケットサーバーを推奨とさせていただきます。

80codeでは、中古ドメインカッター3改OSEは動作するが、BL-PR-Cutter-OSEは動作しないとか、 kagoyaでは、BL-PR-Cutter-OSEは動作せず、中古ドメインカッター3改OSEも一応動作はするが、25件ずつ調べると、途中で固まるとか、 サーバーによって、あるソフトウェアは動作して、あるソフトウェアは動作しないという現象が起こっていますので、 一応、全部のソフトウェアが正常に動作したロケットサーバーを推奨とさせていただきました。

まず、ご契約中のサーバーで試してダメなようなら、ロケットサーバーをお使い下さい。

本当に良質な期限切れドメインが見つかるかどうか心配な方は、「SEO・アフィリエイトで稼ぐメルマガ」で期限切れドメインを紹介していますので、 そちらで確認してみて下さい。



元々このソフトは、メルマガで紹介している期限切れドメインを いちいち手動で探すのが面倒になってきたので、 その作業効率を上げるために開発したものです。


【探せる期限切れドメインの種類】
.com、.net、.biz、.mobi、.org、.tv、.cc、.info、.me、.jp、.us、.de、.eu、.ca

日本語.jpのような2バイトドメインには対応していませんが、
Punycodeで変換されたxn--wgv71a119e.jpは抜き出せます。

マニュアルで紹介しているサイトは7つだけですが、条件が合えば、他のサイトや独自のリストからもドメインを抜き出すことができます。


このツールは飽くまで期限切れドメインを探すためのものです。


商品名:中古ドメインカッター3改OSE


この商品は中古ドメインカッターKEの付属ソフトウェアです。

現在、単品ではご購入いただけません。





ツールは、結構サーバーに負担がかかります。 1日の利用制限は設けていませんが、OSEの無料APIを利用しますので、10秒間に1リクエストという制限があり、wwwありとwwwなしの両方を調べる場合は1分間に3個しか調べることができませんし、 無料APIの場合は1ヶ月で1万リクエスト(wwwありとwwwなしを調べる場合は5000個)までしか調べられないと思います。

本ツールは、利用者様のご使用方法によっては 第三者に迷惑がかかる場合がございます。 ご使用にあたっては十分にご注意ください。



[中古ドメインカッターKEに戻る]